So-net無料ブログ作成
検索選択

美しい人 [good-bye]

小説「ディア マイセルフ」の登場人物・北方玲子さんは、モデルになる方がいた[ぴかぴか(新しい)]クライアント先の宣伝部長、人目を引く華やかな美貌[キスマーク]、社長が一代で始めた会社を銀座で自社ビルを持つまでにした功労者[パンチ]、センスが良くて、ちょっとお茶目で、ハンサムな旦那様と伊豆にプールのある別荘を持つような経済力があって[グッド(上向き矢印)]・・・すべてを持っている人に見えた・・・。


たまに「あなたは、いいわねー」なんて言うことがあったけど、それは私の能天気さ[モバQ]に対することだったと思う。決して、能天気になどなれない責任感と生真面目さのある人だった。


私がフリーランスになった時、真っ先にお祝いの席を設けてくれ、そこで病気をされたことを聞いた。

「あと5年・・・再発しなければ大丈夫なんだけどね」と微笑んだひと[ぴかぴか(新しい)]に、私は、きっと大丈夫だから[exclamation×2]これからは自分のことをいちばんにして生きてほしい[exclamation×2]と伝えた・・・。


それから数年後、彼女は家族以外の連絡先を一切絶ち、亡くなられたことがわかったのも、その事実から数年後のことだった・・・[たらーっ(汗)][たらーっ(汗)][たらーっ(汗)]お墓の手配や死後の一切を自分で生前取り仕切って逝った、見事としか言いようのない、彼女らしい去り方・・・。


それを知った時、皆は絶句していたけど、私にはその厳しく強固な美意識が理解できた[もうやだ~(悲しい顔)]闘病している姿を見せたくなかったのだろうし、本当に心を許した人だけの中で静かに死を迎えたかったのだと思う[ぴかぴか(新しい)][たらーっ(汗)](反射的に気を使ってしまうひとだったから・・・)


誰にでも訪れる死、明日何が起こるかわからないけど、死を考えることで「どう生きるか」が見えてくる[ぴかぴか(新しい)]・・・はあ・・・それなのに私は「ムダ遣い」としか言いようのない無為な日を、飲んだくれな日を過ごしちゃって・・・[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]


昨朝、そのひとが夢に現れたの[霧]変わらず綺麗で凛として、ちょっと気さくな雰囲気で[リボン]・・・ムダ遣いばかりしていてはダメですよ、って教えに来てくれたのかな・・・[もうやだ~(悲しい顔)]


彼女がフリーランスのお祝いをしてくれた青山の料理屋。突然の雨に、ふたりで一本の傘を借りた帰り道[雨]・・・コワモテだけど粋で優しい笑いジワが素敵だった料理屋のご主人も早々に逝ってしまい、私の手元には、その傘だけが残っている[たらーっ(汗)]「返さなくていいよ」と言われたけど、返しに行けばよかった・・・。


人生のムダ遣いをしている私だけど、「・・・しておけばよかった」は、もうないようにしたい[exclamation×2]愛することも含め、何事も惜しみなく・・・[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 2

ミケシマ

玲子さん、素敵な人だなーって思いながら読んでいました。
きっと実在の方なんだろうって思っていたけど、もう亡くなられたんですね…

小さい頃最愛の兄を亡くし、自身も病気になり、病院での友人も何人か亡くなり…
「死とは何か」って、よく考えていたこともありました。
自分で命を断つことを考えたことも、あります。
「命を粗末にするな」「あなたの命はあなただけのものじゃない」って、よく言われることだけど、そんな言葉も刺さらないくらい大変だった時期も。
今の自分は、ただぼんやり生きてるだけだな~って思います。
「こうでありたい」「こうあらねばならぬ」っていう思いが強すぎて、自己価値観を高められずにいるんです。
Gingerさんは自分を愛することができる人。
だから他人のことも深く愛することができるんだなっていつも思います。

まだまだ人間的に未熟な自分だから、Gingerさんの生き方はお手本というか…
お手本 って言っちゃうと何だか堅いけど…
うまく言葉にできないけど、かけがえのない存在なのです(〃∇〃)
by ミケシマ (2017-05-09 10:58) 

Ginger

幼いミケシマさんに、それだけのことが起こったことに胸が痛い・・・今、逢えるならギュッと抱きしめたい。そしてそれらを乗り越えてきたことに畏敬の念を抱きます!
病院での日々がどんなに不安で寂しかったか、想像しただけで涙が滲む・・・。
お兄ちゃまが大好きだったのね・・・。お兄ちゃまも妹のことが可愛くてしょうがなかったんだろうな。。。愛してやまないひととの絆は途切れることなく、心の奥深くで繋がっていると思います。辛い時ほどその存在を感じてほしい!と願っているような気がするの。

私も小学生の頃から生きてることに執着が持てなくて、大人になっても自分の運命を受け入れられず、死んじゃいたくなることいっぱいあります・・・「まだコッチ来ちゃダメ!」って返されたことも・・・。(TmT)ウゥゥ・・・

ミケシマさんは、オンリーワンの才能と感性というギフトを授かっているのだから、誰よりも自分が評価してほしい!その美意識が合格点を出さないのかもしれないけど、自惚れていいくらい、褒めてあげてね♡
そして自由に楽しむことで、そのギフトを磨き上げてね!


by Ginger (2017-05-09 14:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。